ココストア売却!?

今日のニュースから。

ファミリーマートは30日、10月に傘下に収めた中堅コンビニエンスストアチェーン、ココストア名古屋市)の子会社を、液化石油ガス(LPG)大手のミツウロコグループホールディングスの子会社に売却することで基本合意したと発表した。ファミマと重複する立地のコンビニ約250店や飲食店を切り離し、ココストアを約400店のコンビニ運営企業にして経営資源を集中させる。

ちょっと分からなかったので、調べました。

ココストアは8月末時点で東海や九州・沖縄、関東などで415店の「ココストア」と213店の「エブリワン」を展開している。
ということなので、ココストアは約630店舗のコンビニを持っていたということになります。このうちのファミマとの重複立地コンビニや、飲食店、約250店舗を売却ということのようです。

最近、名古屋市内で、ココストアがファミマに改修しているのを見るようになりました。

サークルKとの合併もひかえており、名古屋のコンビニはファミマばかりなりそうです。